中学受験

【東京都】公立中高一貫校の偏差値ランキングトップ10!特徴も紹介!

こんな方におすすめ

  • 都立の公立中高一貫校を比較したい
  • 公立中高一貫校にはどんな学校があるか知りたい

この10~15年ほどで公立の中高一貫校が増え、爆発的な人気を博しています。

各校の特色が豊かで、学区など関係なく受験することができるので、どの中高一貫校を受験するか悩む方もいるでしょう。

この記事では、公立の中高一貫校の種類と東京都にある公立中高一貫校(都立中高一貫校や国立中高一貫校)を偏差値順にランキング形式で紹介するので、ぜひ参考にしてください。

公立の中高一貫校とは

公立の中高一貫校は、中学校と高校で教育方針が分かれてしまったり、反対にカリキュラムが重なってしまったりすることを防ぐために、1999年に文部科学省によって学校教育教育法が改正されて導入された学校の形式のことです。

住んでいる学区に関係なく受験することができます。

ただし、東京都の公立中高一貫校の場合は都内に在住していて、通学も都内からになる方のみ応募資格があります

公立の中高一貫校には、「中等教育学校」「併設型」「連携型」の3種類があります。

中高一貫校の種類についてはこちらの記事で解説しています。

関連記事
中学受験で人気の『中高一貫校』そのメリットや特徴とは|まなびWeb

続きを見る

公立の中高一貫校は、入試の際に小学校から提出された「調査書(内心書)」が合否に考慮されます。

学校によってその比重は異なりますが、大体20~30%が調査書で、適性検査が70~80%で判断されます。

私立の中高一貫校の入試には調査書はありません。

ただし、学校によっては調査書が必要な学校もあるので、受験の際には確認してください。

偏差値順・東京都の公立の共学中高一貫校ランキングトップ10

東京都の公立の共学の中高一貫校を、偏差値順にランキング形式で10校紹介します。

偏差値は、首都圏模試センターのデータをもとにしています。

1位 筑波大学附属中学校 偏差値 76

1872年に設立された学校で、東京都文京区にあります。

強く、正しく、朗らかに、を校訓として、自ら考える力や強い意志、集団生活における協調性、責任などをしっかり持った子どもを育てることを教育方針としています。

筑波大学への内部進学はありませんが、東京大学や京都大学、一橋、早稲田、慶應などの難関大学に多く進学しています。

また、公立、私立の医学部への進学率が高いのも特徴です。

住所 東京都文京区大塚1-9-1
最寄り駅 東京メトロ丸ノ内線「茗荷谷」徒歩10分
東京メトロ有楽町線「護国寺」徒歩8分
公式サイト 筑波大学附属中学校HP

2位 東京都立小石川中等教育学校 偏差値74

東京都文京区にある学校で、独自の教材を使った理数教育や国際理解教育に力を入れており、立志、開拓(自ら進む道を切り開く)、創作(新しい文化を創り出す)を教育理念としています。

東京大学や京都大学を始めとする国立大学や慶應上智などの有名私立大学にも合格者を多く輩出しています。

住所 東京都文京区大塚1-9-1
最寄り駅 東京メトロ丸ノ内線「茗荷谷」徒歩10分
東京メトロ有楽町線「護国寺」徒歩8分
公式サイト 筑波大学附属中学校HP

3位 お茶の水女子大学附属中学校 偏差値69

1875年に開校された自主自立、広い視野を教育目標とする国立の小中高一貫校で、東京都文京区にあります。

中学は共学ですが高校は女子校なので、男子生徒は高校では外部へ進学する必要があります。

女子は内部進学でほとんどの生徒が附属高校へ進学できます。

大学へはお茶の水大学をはじめ、国立大学、上智などの有名私立大学への進学者を多く出しています。

住所 東京都文京区大塚1-9-1
最寄り駅 東京メトロ丸ノ内線「茗荷谷」徒歩10分
東京メトロ有楽町線「護国寺」徒歩8分
公式サイト 筑波大学附属中学校HP

4位 東京都立両国高等学校附属中学校 偏差値68

東京都墨田区にある中学校で、自らを厳しく律し、自ら進んで修める「自律自修」の精神を持つ生徒を育てることを目標としています。

言語能力の養成や理数・数学教育の充実、英語によるコミュニケーションに力を入れており、テストなしで進学できる両国高校では、筑波大学や千葉大学などの国立大学や早稲田、慶應、明治、立教などの私立大学に合格者を多く輩出しています。

東京大学や京都大学にも毎年数人の合格者を輩出しています。

住所 東京都墨田区江東橋1-7-14
最寄り駅 JR中央・総武線・JR総武本線・東京メトロ半蔵門線
「錦糸町」徒歩5分
東京メトロ半蔵門線・都営新宿線「住吉」徒歩10分
都営新宿線「菊川」徒歩10分
公式サイト 両国高等学校附属中学校HP

5位 東京都立武蔵高等学校附属中学校 偏差値65

東京都武蔵野市にある中学校で、小石川、両国、都立武蔵の3つで「都立中御三家」と呼ばれることもあります。

私立武蔵高等学校中学校と似ていますが、別の学校です。

教育目標は「健康な心と体」「豊かな知性と感性」「向上進取の精神」の3つを育むこと。

授業に、「地球学」という特色のある教科があり、いろいろな問題を地球規模で考え、環境や自然、人間などについて学びます。

東大や東京学芸大学などの国立大学、慶応、中央大学、日本大学などの私立大学、医学部・薬学部の合格者を多く輩出しています。

住所 東京都武蔵野市境4丁目13番28号
最寄り駅 JR中央線「武蔵境駅」北口より徒歩10分
中央線「武蔵境駅」北口より徒歩10分
公式サイト 東京都立武蔵高等学校附属中学校

6位 千代田区立九段中等教育学校 偏差値63

東京23区で一番はじめに中高一貫校になった学校で、東京都千代田区にあります。

豊かな教養と高い志を身に付けることが教育目標で、6年間の教育を通して将来の生き方を考える力を身に付けることができる「九段自立プラン」を元に教育が行われています。

東京都立大学や東京外語大学、東大を始めとする国公立大学や、慶応、上智、青山学院などの私立大学に多く進学しています。

住所 東京都千代田区九段北2-2-1
最寄り駅 JR総武線「飯田橋駅」より徒歩7分
東京メトロ東西・半蔵門線「九段下駅」より徒歩2分
都営新宿線「九段下駅」より徒歩2分
都営大江戸線「飯田橋駅」より徒歩7分
東京メトロ有楽町・南北線「飯田橋駅」より徒歩7分
公式サイト 千代田区立九段中等教育学校

7位 東京都立桜修館中等教育学校 偏差値63

東京都目黒区にあり、2学期制で授業が行われている中学校です。

日本人としてのアイデンティティーを持って、国際社会を担う人材を育成することを教育方針としています。

国語と数学で論理的に思考する力をつける独自の「論理学習」を行っているのが特徴で、東大、横浜大などの国公立大学や慶応、東京理科大、法政大などの私立大学にも多くの合格者を出しています。

住所 東京都目黒区八雲1丁目1番2号
最寄り駅 東急東横線「都立大学」下車徒歩10分
公式サイト 東京都立桜修館中等教育学校HP

8位 東京都立大泉高等学校附属中学校 偏差値63

東京都練馬区にある中学校で併設型ですが、令和4年からは高校進学時での募集がなくなります。

「自主」「自律」「創造」を教育目標に掲げ、自分の目で問題を見極め、行動して解決できる人材を育てるよう心がけています。

東大、一橋などの国公立大学、中央、青山などの私立大学、短期大学、専門学校など幅広い進路へ進学しているのが特徴です。

住所 東京都練馬区東大泉5-3-1
最寄り駅 西武池袋線「大泉学園駅」南口徒歩10分
公式サイト 東京都立大泉高等学校附属中学校HP

9位 東京都立立川国際中等教育学校 偏差値63

東京都立川市にある中学校で、都内でただ1校学校名に「国際」とついている学校です。

創立13年と新しい学校で、「国際社会で貢献できるリーダーとなるために必要な学業を修め、人格を陶冶する」ことを教育目標としています。

都立の中高一貫校の中で唯一、帰国子女や外国人の特別枠を設けて、積極的に国際理解教育を行っているのが特徴で、卒業後の進路には、一橋や東京農工大学、早稲田、上智、明治、など国公立、私立の大学があります。

住所 東京都立川市曙町3-29-37
最寄り駅 JR立川駅北口・多摩都市モノレール立川北駅下車、12番乗り場より
立川バス「北町」行で「立川国際中等教育学校」下車(所要時間約12分)
公式サイト 東京都立立川国際中等教育学校HP

10位 東京都立南多摩中等教育学校 偏差値63

東京都八王子市にある中学校で、「心を拓く」「知を極める」「体を育む」の3つを教育目標に掲げています。

日々の授業やフィールドワーク活動などで、体験的な教育活動に参加できるのが特徴です。

令和3年の進路では、東大、京大を始めとする国公立大学への現役合格率が49.6%とほぼ半分もありました。

住所 東京都八王子市明神町4-20-1
最寄り駅 JR中央線八王子駅から徒歩12分(中学生の標準の歩き方の場合)
京王線京王八王子駅より徒歩3分
公式サイト 東京都立南多摩中等教育学校HP

まとめ

公立の中高一貫校は、学費が安く教育内容が充実しているというメリットがあります。

中等学校教育型の学校では、6年間生徒が変わらないので刺激が少ないですが環境が安定している、併設型なら高校で外部からの進学者が来るため、中だるみしにくい、などそれぞれ特徴があります。

6年間のうち、最後の1年は受験勉強に特化した対応がされているので、大学進学率が高いのが特徴のひとつです。

東京都に住んでいれば受験できるので、志望校を選ぶ際には選択肢に入れてみてはどうでしょうか?

こちらの記事もよく読まれています

-中学受験

© 2022 まなびWeb Powered by AFFINGER5